薄毛の原因を把握して適切な育毛剤を使おう

一口に育毛剤といっても使用されている成分にはさまざまな種類があって、期待できる効果にも違いがあります。
薄毛になる原因も人それぞれです。
育毛剤を使用する際にはまず自分がどういった理由で薄毛になってしまったのかを把握して、その症状に合わせて改善できる育毛剤を選ぶことが大切です。
薄毛になる原因を大きく分けると生活習慣によるものと遺伝、それにホルモンの影響があります。

ストレスが溜まっていたり食生活が乱れたり、睡眠不足が慢性的なものになるとヘアサイクルが乱れてしまい、抜け毛が多くなり薄毛が目立つようになりやすいです。

そういった場合には頭皮に栄養を与えたり血行促進効果のある育毛剤が効果的です。

遺伝による薄毛も適切な対策をしておけば進行を遅らせることができます。
遺伝だけで必ずしも薄毛になるわけではないので、薄毛が気になりだしたら早い段階から育毛剤を使用してケアを始めていくことをおすすめします。
目立つ抜け毛

また男性ホルモンの影響による薄毛はAGAと呼ばれており、頭皮にある5α-リダクターゼと結びついて髪の毛の成長を妨げるホルモンに変化することを抑制する成分の入った育毛剤を使用することで、対策をすることが可能です。

見た目だけではどういった原因で薄毛になっているのか素人にはわかりづらいので、一度専門家に受診して的確な処置方法を判断をしてもらうのが一番です。

カテゴリー: 薄毛の原因 タグ: パーマリンク